不動産購入における契約不適合責任について

不動産購入における契約不適合責任について説明致します。

契約不適合責任とは、購入者が不動産を購入した際に、売主が約束した「条件や品質」が実際の状態と合致しない場合に発生する売主の法的責任です。具体的には、以下のような状況が契約不適合に該当する可能性があります。

〇隠された瑕疵(かし)

不動産に隠れた欠陥や問題があり、売主がこれを購入者に伝えていなかった場合。たとえば、建物の構造上の問題や法的な制限、土地の権利上の問題などが該当します。

 

〇契約書の明示した内容との不一致

売主が契約書で明示した条件や品質が実際の状態が異なる場合。たとえば、契約書で約束された設備や付帯品が存在しない、建物の広さが契約書の記載と異なる、などが該当します。

 

〇法的な要件の不履行

売主が法的な義務や規制を遵守していない場合。たとえば、適切な許可や認可を得ずに改築や増築を行っていた場合、法的な制約がある土地を売りに出していた場合などが該当します。

 

 

契約不適合が発生した場合、購入者は対応策を取ることができます。具体的な対応策は以下になります。

追完請求:引き渡した商品等の修理の請求(修補請求)、または不具合がない商品等の引き渡し請求(代替品の引渡請求)

契約解除:契約を解除し、購入代金の返金を求めることができます。

損害賠償請求:契約不適合によって発生した損害に対して、売主に対して賠償を求めることができます。

代金減額請求:購入代金の減額の請求

 

重要な点として、契約不適合に対する法的手続きや期限には注意が必要です。